おひさしブログの近況報告。7年ぶりの出産(第三子)がもうすぐなんです。

おひさしブログの近況報告。7年ぶりの出産(第三子)がもうすぐなんです。

こんにちはーーー
すっごくお久しぶりのhnwです。

まだこのブログの存在を覚えている人などいるのだろうか…。
第一子妊娠期からずっと続けてきたこのブログも、上の子供(娘)が小学校あがる頃から暫く更新が途絶えてしまいました。
コメント返しもせず、音沙汰なくなりすいません。

あれから数年。
笑ったり・泣いたり・遊んだり・落ち込んだりの紆余曲折を経て。
なななんと、7年ぶり!となる出産がもうすぐなんです。
ほんとに寸前。※現在臨月

なんだか突然すごく昔の「個人ブログ感」があるアウトプットをしたくなったので、第三子の妊娠・誕生を機に、またここで、続くかどうかわからないけれども、たまにつらつらとマイペースに残せたらなと思います。

※過去のブログは全て消しました。

以下、近況報告です。

子供のこと

乳幼児期の子育てブログ期に登場してた、かの子どもたちはどうなった?

上の子。娘さん。今は小4になりました。
思春期秒読みですよもう。ええ。今も足突っ込みはじめています。
赤子時代より育てにくい子で大変苦労したこの子が、発達障害とわかってからは怒涛の日々が過ぎてゆきました。
今でも支援級に通っているし、ADHDの特性すさまじく親も担任や福祉と連携しながら支援してる日々だし、悩むことも多いけど…一言では語り尽くせない程、愛情深い・心の優しい、すっごく良い子に育っています。
乳幼児期は大変だ〜大変だ〜なんて子なんだ〜とブログにも愚痴ばっかりでしたが、手がかかってきた分、子育ての感動(?)や経験などの見返りがすごく大きく、今はその存在に感謝しています。でもこの子の0〜5歳ぐらいまでの子育てはあまりにも大変すぎたので、二度と同じ想いはしたくないなぁーというのがホンネ。笑

下の子息子1号さん…は晴れて小1!小学生です。
この子も発達障害と診断されていますが、上の娘より程度が軽く、通常級に通っています。
保育園時代は集団生活に馴染めず、他害や暴言が酷く暴れ、上の子同様凄く園からも注意を受けたり、半ば親の躾ガーとか愛情不足ガーをずっと批判され続けてきたけども。小学校入った途端トラブルがパタリとやんだので、実は保育園側の指導が合わなかったんじゃね?感が。。。んがぐぐ!!(いきなり本音ぶっちゃけたらブログつづけなくなるぜ〜HAHAHA)
マイペースマイワールド派の息子1号だけど、いい意味で理論的・冷静で、この子も人を思いやれる優しく良い子に育っています。

第三子って?!何故3人目か。

3人目なんて我が家はとてもとても…経済面・子育て余裕面から無理!!!
何百万も政府がくれるってんなら産めるけど!!!ってぐらいに、諦めてました。
そして2人を育てて何年も経過。
はじめての子供をかろうじて20代最後に産んだ私も、今や40歳目前にもなり。

それまで全く3人目のことなんて頭よぎったりしてなかったところ、ある日突然胎動でお腹がぐにぐに動く懐かしさを感じる夢を見てしまったのです。
そっから、ああ赤ちゃんいいなー…そういえば年齢的にもう最後駆け込むのもぎりぎりだな~などと思うようになり、ある種の神様の啓示だったのかもしれないですが、なんだか無性に赤ちゃんの肉感やぽちゃぽちゃのほっぺが恋しくなりだしました。

色々現実面も考えると当然NOOOO!となるものの、でも上の2人が大切な授かりものだったことを思うと、子供はお金もかかるし手間もかかるけど、でも何か知らんがプライスレスの喜びももう一方ではある。ということを知っている今、「なんとかなるさ!」の勢いでやってこうと、そう思ったのです。

そうして間もなく授かった我が子。
第三子はどうやら男の子のようです。

ここ数年で、変わったところ

お仕事、共働きの状況について

経済面でずっと私の仕事(共働き)が我が家にはつきものでした。
これを、子どもたち2人とも赤子時代0歳クラスから保育園預けて働いてきて、今考えても本当に大変で。
でも、経済的に厳しく、生活を維持してくためには、私も頑張らないとってところが大きく…仕事頑張らないと仕事頑張らないと仕事頑張らないと…(でも子育ても大変!無理〜〜〜!)がついて回ったこの10年。

その間、会社員になったりフリーになったり、長い時間沢山働いたり、短い時間少なく働いたり、働く形態を色々変えて試行錯誤続けてましたが、やっぱり子供のことで私の手がまわらないことが多かったですね。仕事が忙しかったりキツかったりでそちらに全力使い果たしてしまうと、途端に回らなくなってしまいます。

これは、乳幼児期の間だけ大変で、年齢とともに徐々に変わるのか?とも思ったけどそうでもなかった!

頻繁な通院、関係各所への送迎、頻繁な連絡帳書き、書類書き、勉強見てあげたり、頻繁な先生や支援者たちとの面談・相談、家庭でのフォロー、宿題、時間割、おたより地獄の把握…ほんっとやること(=雑用が)多い!
ましてや発達障害児の子育てだと、日々の余裕・労力・手間が違う。朝トラブル(遅刻)や、登校拒否や忘れ物もよくあるため、学校へも何度電話してることやら、何度親が足運んでいることやら。

子供が小さい時ほど「体力」が必要だったけど、大きくなると今度学校=煩雑な作業が親も多くなってくるので「時間」が必要になる感じでした。
乳幼児期は会話もままならない相手に振り回される日々でしたが、学童期になると本人に任せてトライ&エラーを試していって改善していく作業も沢山必要。うまくいかないことは先生に相談したり本人を諭したり。
そして子供が淡々と毎日同じように過ごすことは難しい子達で、一旦何かが乱れるとなし崩し的にダダーッと家庭内が混乱に陥ります。

そんな訳で、私自身が状況・臨機応変に子供に対応できる状況にないとかなりキツイので、時間拘束のお勤めはとてもできましぇ〜ん…!!って所にいつも回帰しがちな数年でした。

個人的な良かった変化

唯一のうれしいこと。子供が小学校にあがった頃からようやく、母である前に「私」として!趣味を取り戻せたことです。
それは元来ゲーマーだったので、「ゲーム」という趣味を取り戻せました。笑
今では家庭用ゲーム機からガチでグラボのせたゲーミングPCまで揃え、PCゲームやら洋ゲーやらインディーズから人気作まで幅広く。毎日はできないし積みゲーも多いけど、とっても心踊る趣味がウン年ぶりにできて喜びに溢れた数年過ごしてました。
(イメージ動画↓これもゲームのシーンの一部ですw)

あとは2013年頃から子育て上の体力の必要性を感じ始めた「筋トレ」
地方在住の交通弱者(私は車運転しない)であり、歩きでどうこうすることが多く子育てで苦労しましたが、これらの体力消耗を乗り切ったり、押し寄せる老化現象に対抗するには筋肉つけるしかない!と気づいてから事態が好転。
最初こそ疲労感や筋肉痛に見舞われ継続が大変ですが、一度身体が出来上がると、忙しい合間に5分でも10分でもやると筋肉を維持できるようになり、体力がつきます。肩こり腰痛からも解放され、身体も基本ポカポカ。子供の抱っこも楽に。

妊娠期間が長かった今年は安定期までの筋トレ継続でしたが、第三子の子育て期も再び筋トレをして心身ともに元気に過ごしたいと思います。

大変だったことと心境の変化

この10年子供の成長によって変化が著しく、私も追いつくのに必死で、基本的にずっと子育てやそれに付随する業務(共働きのこととか家事だとか)のあらゆることに追われる生活が常にキャパオーバーでした。

心理的にも家人に支えてもらえることは中々なく、変化に富んだ日々でひとり浮上したり沈んだり。その「沈んだ時」には「死にたい」と思ったことも何度も何度も。

ワンオペや孤軍奮闘という環境と、発達障害児たちの子育て難易度が高かったこと、そしてそれを周囲に責められがちだったり、「この子のサポートのためには家庭でお母さんがこのように関わる必要がある(つまり色々頑張れ)」とされるプレッシャーも多々、だけれど仕事にも家事にも追われて立ち止まることもできない日々。
要は、産後うつ?・育児ノイローゼみたいなモヤモヤな状態を、長年ずっと引きずっていたのだと思います。

定期的に「もうだめだ。」と爆発することが何度もありましたが、第三子を身ごもる1年ぐらい前にも、久々にドでかい「もうだめだ」と思うことがありました。あまりにも追い詰められすぎて、助けて助けてと訴えても何の助けはあらず…、逃避、自暴自棄、などで思い切り折れてみたことで思ったことがあります。


これが真理ですね。

もちろん、私は好きで忙しくしていたのではなく、家族の生活を維持していくために「そうせざるを得ない」のは事実だったんですが、無理して、無茶して、常に自分を忙しく追い込まざるを得なかったこと。毎日全力で走り続けないと家庭が回らなかったこと。もう何もかも疲れ切ってしまった。やめたい。そう心から思いました。

そのやめられなかった状況を、勇気を出して私も物理的な時間の消費が激しい「仕事時間」をぐぐっと減らすことにし、それに伴い他にもトントン拍子に環境好転変化の兆しがあり、生活維持の義務感を優先するのではなく、楽しいことや家族との思い出を優先していっぱい作ろうと、自分の心の余裕を失わない程度の生活づくりを再建しはじめたのが近年の大きな変化なのです。

そもそも、私のエネルギーが底をつくと子どもたちにも影響が大きいので、お母さんが家庭でやっぱり笑ってないと非常に心配・不安なんだそうです。

当時、「がっこうにいるとき、ままのことしんぱいで、だいじょうぶかな?っていつもおもってる。」という、心配して走って帰ってくる娘の姿の絵が付いた手紙も、娘からもらったりしていました。。

無理しない、疲れることはしない、頑張らない、ストレスを感じるものは避ける。スキなことをちゃんとする、笑顔になれるものを優先する。

この辺が重要だと身に沁みて思っています。

あとがき

そんなこんなで〜
いまでもアメブロとか?の界隈には若干残っているような「昔ながらの個人ブログ感」を思い出したくて、書いてみました。

今後もなにか思いついたら、ぶつぶつと気持ちを吐露できたらなと思います。
よろしくです。

hnw