【3人目育児メモ】生後0ヶ月 – 産後のガルガル・やさぐれ心はどこへ?

【3人目育児メモ】生後0ヶ月 – 産後のガルガル・やさぐれ心はどこへ?

もうすぐ生後1ヶ月になる3人目の赤ちゃん。
育児メモとして息子2号の生後0ヶ月の記録を記しておこうと思います。
なかなか肉体的には大変だけど、楽しく過ごしてますよー!

※約一ヶ月分の内容凝縮したので長くなっちゃいましたが…暇ある方はお付き合いくださいませ。

入院中の様子

生理的&状況的に眠れない生活

経産婦にしては6日間入院と長めの入院生活でした。

出産直後は、出産によるハイ状態で興奮・アドレナリンの分泌過多で丸1日寝られず。これは過去のお産でも経験済みですが、人間もただの動物なのだなーと感じる現象ですね…。
その後も、昼間眠たいのに部屋掃除の人が来たり回診が来たり小児科医が来たり調乳指導の人がきたり沐浴指導があったりと、1時間ごとぐらいに次々部屋を訪れる人達の対応の過密な入院スケジュール。昼寝をさしてくれないのかこの人達は。😂
静かな夜には、私は眠いのに赤ちゃんがぐずって寝ないとか、赤ちゃんが寝てるのに私が目が冴えちゃってギンギンで眠れないとか、赤子の眠みと自分の眠みが被らない等なかなか噛み合わず。

そのため、昼間1時間ウトウト+夜間2時間ぐらい寝れた、の1日トータル睡眠2〜3時間とれればいいほう、ってのがずっと続き、「疲れてるのに眠れないよ〜」といった入院生活でした。


引用元:惚れさせ124 「寝てない」 : 地獄のミサワの「女に惚れさす名言集」
http://jigokuno.com/eid_128.html

↑もうリアルにこんなミサワ感溢れる状態です…w

でも赤ちゃん育児はいきなり待ったなしだから、こんなんだったね。。。
初回(一人目出産直後)は「なんて大変なんだ!」「こんなの聞いてない!」と面食らったけども。
まあ、仕方ないね、と素直に受け入れられる3回目です。

大変なのは、やっぱり産後の身体と母乳育児

はじめての出産後、お母さんたちにとってまず立ちはだかる壁が「母乳育児」だと思うんですが。
やっぱり大変なのは、産んだあとボロッボロの身体でいきなり母子同室で授乳に明け暮れることでしたね!これは3度目の出産後でも、まーキツイのなんの…。

個人差はあれど、だいたいのお母さんが母乳はすぐ出ず(=にじむ程度)、多少なりとも出だすまでどの人でも3〜4日ぐらいかかるのは当たり前らしいですが、その3〜4日が産院の方針的に、「赤ちゃんの空腹は致し方ない!」みたいな感じの「とにかくおっぱい分泌促すために、出て無くてもただただ吸わせろ!」のスパルタ母乳育児。
当然、おなかすいてる=機嫌激悪で「1時間ごとの授乳」以上の授乳間隔というか、常に乳首出して抱っこしておっぱい吸わせてる状態で身体もあちこち痛くて非常に大変だったけど、4日目あたりから混合OKになったことでそこからはスヤァ〜( ˘ω˘)と寝て拍子抜けです。

私は初産じゃないからいいけど、はじめてのお産後にこんなスパルタ母乳育児が始まったらお母さん達結構精神的にも来ると思われ…(よく泣いちゃう人もいるみたいですよね?!)
ミルクを初日から足すのって駄目なの〜??って不思議でなりません。ずっと乳首にぶらさげてるよりも、1時間でも横になれて身体休めたほうがおっぱい張ってた気もしたんだけどね…謎です!

退院後すぐ … 生後1〜2週間

親・義親の手伝いは出来ればあったほうがいい

今回はじめて退院後すぐの家事育児にトライでしたが、退院直後はまだまだ骨盤痛などで家の中を歩いたり、しゃがむ&立ち上がるなどもやっとの状態(事故にあった後のけが人みたいな感じ)だったので、身体むちゃくちゃボロボロの状態でのいきなりの家事はホントにきつかったです。3人目だから出来たことだけど、1人目からいきなりこれ(自分一人で家事開始)だったら面食らって泣いてたかも。

親・義親の手伝いがなければ、旦那さんに家事を全部やってもらうなど、ご飯も出来れば作れる人なら作ってもらうなどの協力は不可欠かと思うけどそれも叶わず。。。なので、退院後2週間…いや1週間ぐらいだけでも親に住み込みの世話をお願いすればよかったかしらと若干後悔しました。💦 頑張って乗り切ってますけどね!

冬出産の怖いところ

なんと退院日に上の娘がインフルA型発症し、その数日後息子発熱(幸いインフルではなく産前ギリギリに小児科にかかった溶連菌のぶり返しだった)というとんでもない状態(゚∀゚)

一人目の時も、退院後すぐ旦那がインフル発症で伝染ったらどうするんだ?!と大慌てでしたが、冬ベビーは感染系の問題が大変なんでしたそういや(なお、予防接種全員打ってました)

病魔が絡んでくるとやっぱり何時も何事もしんどい…

産まれてもう首座ってきてる?

こんなことってあるんでしょうか?
産まれてから抱っこしたときに「ん?」と不思議に思ってたんですが、産まれた直後からもうどうやら首が半分ぐらい座ってきてるんですよね。

久々の新生児、もっとぐにゃぐにゃをイメージしたのに、めっちゃ首つよ!っていうぐらい首グーン!!てあちこち見回す余裕のある赤子。。。これは抱っこが楽で有難かったです。

三人目の手抜きどころ

シンクに置いて使うベビーバスなどお下がりきましたが、シンク片付けたり準備や後始末が面倒だなあと思い、洗面所沐浴することに。
これが準備も後片付けも楽ちんすぎてヤバイです…w
しかしサイズ的にギリギリ💦

また、赤ちゃんの服などは、赤ちゃん専用洗剤で別に分けて洗うとかせず、もうガンガン家族の洗濯物と回したりなどしてます。雑。雑だけど楽な方法を模索して、いい感じに手を抜いてくぜ〜〜〜という気負わなさで乗り切れている気がしています。

退院後しばらくして … 生後3〜4週間

混合育児は継続中

退院後母乳の出は良いものの、おっぱい吸ってると気持ちよくなるのかすぐ赤ちゃんが秒で寝てしまうため、あんまりグビッグビッと勢いよく飲んでもらえてないというのがあり、しばらく混合育児継続。昼間は3回ぐらい、ねんね前にミルク足しして2-3時間ぐらいまとめて寝てもらって、その間に身体を休めたり家事したりしています。

上の2人の子供達は完全母乳で産後1ヶ月もしないですぐ母乳になったような気がしますが、記憶は定かではなく、どうやって混合→完母にできたかなど全く覚えてないという失態。いやー育児の細かいディティールってほんとスッポリと抜け落ちて忘れるもんなんですねーA・HA・HA・HA☆

とりあえず完母にする!完ミにする!とかも特に気合い入って意気込んでもいないので、気楽なほうを模索してのんびり様子見中です。

赤ちゃんの泣きポイントはそれぞれ

赤ちゃんによって泣きポイント結構違うんですね。
3人目の子はオムツ替えと着替えにめちゃくちゃ泣きます。

入院中から冷たいおしりふきが苦手なようだったので、3人目にしてはじめておしりふきウォーマーなるものをスマホからポチって買ったほどでした!
ホカホカしてるので気持ちよく、拭く時嫌がりません。

新生児から抱っこできる「ベビーラップ」型抱っこ紐Boba Wrap

たぶん上の子達がいる手前、首すわり前からかなり赤子運搬活動が必要になるかも。との予想から産前から購入しておいていたベビーラップ型の抱っこ紐。ボバラップ。

↑いわゆる日本の古き良き兵児帯を、伸縮性のある布のようなものにしたシロモノなんですが、意外とお高いので、私は上記の楽天の上記のお店で安い時に購入してました。(Amazonだと7〜9000円ぐらいするので、色々よく見て買ったほうが良いです。。)

10年前の1人目育児の時はスリング全盛期で、
7年前の2人目育児の時はエルゴ全盛期。
今もエルゴは全盛期かもしれないけど、3人目育児の現在は「ベビーラップ型」なるものが登場しているのか!と海外の動画見ていて知った次第。

夕方ぐずりやすく、おんぶなどまだ出来ない時期のご飯支度がやはり毎度困っているのですが、幸い娘に抱っこしてもらったりして乗り切れる時とそうでない時と。
お姉ちゃんの抱っこではもうアカン!というレベルまでぐずってきたらこのボバラップで抱っこしながらご飯支度です。
過去スリングも持ってましたが、スリングは片手おさえてないと駄目ですし、両手離しで新生児から抱っこできるので、重宝しています。
おんぶと違って前抱きなので、ガチな料理とかは当然できませんし、家事によってはやりづらいものが多々あると思いますが、おんぶまでの期間重宝しそうです。

エルゴ等のごつい抱っこ紐でもインサート使えば新生児抱っこが可能な製品は沢山出ていますが、それよりもっと妊娠中に近い、密着感があります。ただ、身体に体重が分散するというのが売りのようですが、分散してもやっぱり妊娠出産で弱った身体には、腰や骨盤にぐぐっと重さがくるので、過信しないほうがいいみたいです(笑)。それはどの抱っこ紐にも言えますが。

私は、まだ筋トレとか再開できない時期でもあるし、お産前後の余波でまだまだ足腰ガクガクに弱っているため、骨盤ベルトや腰痛ベルトと併用してボバラップで抱っこしている現在でした〜💦

寝不足&疲れていて、話しかけられても頭に入ってこない

夜間はミルクづくりが苦痛で、早い段階から夜のみ母乳で頑張ってますが、やっぱり1〜2時間おきの授乳で普通に寝不足がひどいです。
かといって、昼間は冬休みで子供達がいたり、家事もあったり、買い物いけない分ネットスーパーや宅配の荷物が届いたりの受け取りもあるので、昼寝も中々自由に出来ず。授乳中でコーヒーも飲めないので(カフェイン取れない)、眠いし疲れがたまりすぎて、しょっちゅう魂がぽわーっと抜け出て幽体離脱しかけてます。

まあ3人目ともなると「この辛いの、一体いつになったら終わるの?!」という先が見えない不安がないのでだいぶ気楽だけども。

〜つらいけど、いつかは終わる、寝不足よ(俳句)〜

ただ、今はとにかく脳が常に疲れてるし半分休眠しているような感じなのは事実で。
家族たちは普通にいつものように私にべらべら話しかけてくるのですが、ぶっちゃけ私は子供達の話しかけや旦那の話しかけが疲れて&眠すぎてほとんど頭に入ってきてません。
そういえば、上の子達の子育て中も何年もしばらくこの状態続いてたんだった!と思い出したんですが、疲れてたり忙しかったりすると、ぼーっとしてるかor次の山程あるやるべきことに頭をめぐらせているかで、全然家族の話が頭に入ってこないの(笑)。

その間、ねーねーママーと話しかけられて無視はできないので、相槌を自然と適当にしているらしく、「【うん】じゃない!」と返事に対して怒られたり、「さっきママ【そうだよ】って言った!!」と突然切れられたりして、へ?さっき私なんて答えたっけ??と自分でも適当に流して生返事し放題なので、記憶がないという。
昔よく旦那にも「全然話聞いてないし💢」「気になる事項の話をしても、【疲れてる】【あとにして】っていっつも話し合いをしないだろ💢」って切れられてたなあ。

ごめんよ。って思う一方、仕方ないんだよ!わかってくれよ!とも思う!
家族みんなで協力して色々と私を楽させてくれれば、何なりと話を聞いてあげるぜよ!😂

魔の三週目は、母親も疲れが出てくる時期(マタニティブルー)

生後3週目ぐらいに一回ぐずり通しの日があり、抱っこ抱っこおっぱいおっぱいの日で、「魔の三週目」来たかーと懐かしく思い出してました!
その頃ちょうど、私も産後の疲労が出てきはじめた時期な上に、お正月時期と重なっていて。

家族はみなのんびりしてダラダラ遊んでばかりで、何か頼めば渋々動くものの積極的には協力しようという態勢ではないところに、家事育児に自分だけ忙しく、酷く眠く疲れててもなかなか日中も休めていない状況が腹立つわー!って感じで、イライラピークが来て、産後のホルモンもあってか家族にバレないようにチビっと涙が出てきたりしていました。

お産直後は興奮してしばらく気を張ってるのでどんだけ身体ボロボロでもやってこれてるけど、産後3週目あたりから〜産後2ヶ月あたりまでの間って、気のゆるみが出てきてるのに、現実的には全く休めないという状況から、ドドッと疲れがやっぱり出てくるものなんですよね。(過去もそうだった)

毒が抜けた赤ちゃん育児への気持ち

どんだけ疲れていても、今回だいぶ時間あいてからの3人目ということもあって、頑張りたく&楽しみたく、赤ちゃんが可愛くて可愛くて、赤ちゃん本人へのイライラ感とかは全く無いです。

フンガーフンガーと泣いてても、待ってましたーッ!!ハイ私の出番!!とばかりに嬉しくて駆け寄って喜んで抱き上げ、ニヤニヤして猫可愛がりするウザ母っぷりよ…。

これまでは、可哀相なことに一人目の時が一番葛藤が大きかったですが、泣き続けたり寝ない赤ちゃんや、協力的ではない旦那にガルガルイライラしてました。何でこんな大変なのと自己憐憫だらけ、泣き止まない赤ちゃんに疲れ、何で私ばっかり!おめーもたまにゃー抱っこしろよオラァ!!💢って旦那にホイって渡したこともあるし、泣き止まないからってとっととホイって返され、夫婦で赤ちゃんを投げつけあったことも。(実際には投げつけてないけど笑)
あと、育児も効率化ばかりを求めていました。泣いたらすぐ抱っことかおっぱいとか、日本流の【大人がまだ喋れない子供の視点を勝手に代弁するみたいな母性ありきの子育て】みたいなものが嫌いで疑念だらけだった私。母親であることがその人のアイデンティティなんてハァ?みたいな、「○ちゃんママ♪」みたいな呼び名もされるのもするのも嫌いだったし、母性神話?みたいのもクソくらえって思っていて、「母親だからって聖人じゃねーぞゴルァ💢」って一体全体誰に噛み付いてるんだかわからぬやさぐれ心が常にあったと思います。「欲しくて産んだんでしょ」っていう正論という名のもとに人を追い詰める自己責任論みたいな世論が脳内で浮かぶたびにそれもガルガル。もう遅れてきた反抗期・不良ですよ、積み木くずしですよ(;´д`)トホホ…。。。

しかし、今や。
なんということでしょう。(ビフォー・アフターのナレーション風)

【赤ちゃん可愛い】が全てに勝っている、これに尽きる心境へ変貌です。
大人が勝手に語る母性神話みたいのはクソくらえと思っているところは変わらないかもですが、でも子供が求めるがままに抱っこで育児、おっぱいで育児、甘やかしも、今はオールOK!
育児に関して生じてしまう自己犠牲も、勿論無駄な辛さはいらないけど、大変でもある程度は別に良いかなっていう気持ちでもあります。昔は産後の赤ちゃんの抱っこすら辛く、心の底から面倒がっていた私にしては、今や大進歩を遂げております。。何がここまでこうさせたのかわからないけど、やっぱりとーっても可愛かったけどとーっても大変で嵐のように過ぎ去った上の子達の乳幼児期の子育てに後悔・懺悔があるからでしょうかね。。。

もうとことん、子育てに付き合ってもいいなという心境になったことで、2019年の今年の1年は、赤ちゃんにとって大きく変貌をとげる1年を家族で見届け、みんなで楽しみたい!というのが今年の目標となりました。

私も今のところ落ち着いて子育てしているし、上の子達もとっても嬉しそう。
赤ちゃん可愛い可愛いと、新生児期においても日々訪れる変化などを楽しんでいます。
※写真は10歳娘が抱っこする息子2号

上の子(娘&息子1号)たちに対して赤ちゃんの成長を説明してあげるときなどにも、君たちもこんなふうに愛されて育ってきたんだよ、こんな風に本当に可愛くて可愛くて仕方がなかったんだよ。というのが、伝わればいいなーなあんて思いながら、一緒に育てていってるところです。