一人目がとうとう中学進学するよ…(早いよ)。それ以降の子供の人生に思うこと

一人目がとうとう中学進学するよ…(早いよ)。それ以降の子供の人生に思うこと

一人目の幼少期の子育てほど「永遠の時間」に感じた時期は無いが、とうとう中学進学のお知らせが来た。

もう中学か~…という驚き。

発達障害のある娘は小学生の6年間ずっと支援級に在籍した。
保育園時代は通常の子に混じって集団生活過ごすと常に泣きわめいたりしてカオスだったし、全体指示は通らないし、個別の対応が必要なのにそんなの保育園に望むことも難しくて、辛い想いを沢山させてきていたし親も責められてばかりで辛かったので、ある意味しっかりとした理解のある先生から支援をしてもらえるというのは、安心の6年間だった。

成長とともに出来ることも増えてきたり、適応力がついてきたり、泣きわめかなくなってきて、途中で親も小学3~4年あたりの早いうちから通常級への移籍したほうが馴染めるんじゃないかって焦って、本人にも無理をさせてみたりした。けど、結局本人のペースもあるからそれもうまくいかず。「無理させるのって良くないな」とか「みんなと一緒、普通、を目指すことへの疑問」など親も次第に学んでいった。

最後のほうは、通常級に混じって勉強をしつつも、籍は支援級に置くという、心の拠り所や安心できる居場所に戻ってホッとできる状況で過ごさせ、無理に転籍をさせずとにかく「無理をしない」小学校生活だった。(ただ、学校に通うだけで相当な負担であることが見て取れ、結構「心身の疲れ」で休ませることは多かった。)

ちなみに今後、中学からは
・通常級=「進学・勉強」
・支援級=「障害者としての自立訓練、高校も養護学校(特別支援学校)行き」
という色合いが濃くなる。

※↑自治体によるけど、うちの近所はこれ

特性は色々あるものの、知能は問題なく周りからも「支援級に属す程かなぁ」と言われるほど成長した娘は、ガチガチな障害者扱いはちょっと合わない。

そんなわけで、娘は中学から通常級へ転籍することになった。
これまでしっかりとあった丁寧な支援がなくなり皆の中に埋もれ、思春期な多感な子達に囲まれて、テストばっかりの日々になるので、大きな変化になると思う。
とはいえ、成長と共に自活力も少しずつついてきてるので、そこそこ頑張れそうな気もしている。

まあ、特に頑張れなくなっても、無理しなくて良いと思ってて、しんどい時は学校ズル休みしてもいいし、不登校でもなんでも、していいよ〜って言ってある。(放任や放置としての意味合いではなく)

義務教育は、適当に乗り切る程度に学校行き来して、あとは高校も全日制の受験という一般ルートに縛られなくていいよ〜って言ってある。

まだまだ選択肢は少ないかもだけど、発達障害のある子供達の行く末は前よりは広まっているし(通信制の高校など)、なんとかなるさ!と。心や体やその後の人生の使命や価値観を壊してまで通う学校教育なら、別に無理して通わなくていいです。の、スタンス😅

これからは「頑張れば成果が」とかいう努力史上主義はアフターコロナの世界では「頑張ってもどうにもならない事」が増えて、少しずつそういう昭和の価値観が無くなってくると思ってる。理想論かもしれないが、私は徐々に物質的な価値観や世俗主義(=何々を所有しているから凄いとか、権威や学歴で偉いんだぞ的なステータスだとか、ブランドやおしゃれな見た目とか、表面的なことにこだわること)より、他人と比べずにいかに自分が精神的に満たされているかの体験型というか、幸せの価値観がまた時代とともに徐々に移り変わっていくと思ってる。というかもう既に人によってはそんな「心豊かに」な価値観が強まっているけど。

ちなみに娘は、勉強は大っきらいだし、親も必死に取り組ませてみたけど、やっぱりてんでだめ😂 それが良い悪いでなくて、ただそういうものだってわかって逆にスッキリした。期待の第一子ゆえ0歳からなんと12年間(!)も続けた進研ゼミなんかも全く意味がなかったので、とうとう去年辞めた。勉強型のデイサービスも去年辞めた。いろいろ辞めてスッキリ。普通に生きてるだけで沢山の「しんどい」を抱えている子なんだから、苦手なこと克服しようしようって無理しないで生きていこう。

ADHDっ子ならではのとっちらかった雑さやチャランポランさは目に余ることもあるが、逆に得意なことは、大人顔負けの面倒見の良さや、他人の気持ちの機微な変化へ気づけるエンパス的な繊細な能力や共感性、また絵心などの感受性の強さ。
現代の子供への義務教育が真逆方向ばっか突っ走ってる(※成績が価値、的なやつ)ので悩ましいけど、得意なことが花咲くためにはどうしたら?を常に考えてるし、変わらず応援していきたい。✌️

🐦💭 更新通知はTwitter:@hanawaにてお知らせ中