何を信じるか、何にフォーカスするか、着眼点で見える世界の違い

何を信じるか、何にフォーカスするか、着眼点で見える世界の違い

今年は子どもたちの進級進学まで、休日もタスクがいっぱいで動きっぱなしって日々がしばらく続いていたけど、4月以降は病気の母が退院して目の不自由な父のお世話問題が一時的に緩和されていたり、「ノープラン」の「ダラダラ休日」なんかもようやくチラホラ出来てきて、少しずつ今年前半のどわわわわーーっと怒涛だった日々の疲れを癒やし始めているところ。🌸

※公園いくの面倒な日は庭の畑の土で砂場あそびの図。ダラダ~ラ

そしてもうあっという間のGWも終わってしまった。💦
やっぱ今年もジェットコースター並みに早すぎる…。

毎日色々目まぐるしくて、あれもこれもを噛みしめる暇は現実にはないけど、子どもたちの成長が眩い。
たぶん、何気ないこういう毎日が一番幸せなんだろなーと思っている。

末子が私への何度目かの後追い期で家事も家の中の移動も常にべったりマンツーマンディフェンス・ドラクエ移動状態だったり、朝から晩まで常に家族の誰かと代わる代わるひっきりなしに接している状態のため、なかなかじっくりアウトプットできるタイミングがなくてブログは書けていないけど、私自身はここ数ヶ月で様々な学びと気付きがあって、近年稀に見る(?)ぐらい健康で低ストレスと充実した日々を送っていた。

新コロのおかげである意味、あらゆる苦行が少なくなったし超絶ラク。
「コロナのせいで」って思うことが多いか、
「コロナのおかげで」って思うことのが多いか…

私は後者のが多いんだよね今のところ…。

世の中が、いままで外圧がない限り思考停止で変われなかった人や制度が慌てて変化せざるを得なくなり、今までなあなあで停滞していたことや悪いところが問題として表面上に浮き上がったり、自浄作用がめちゃくちゃ働いている。
よく、社会不安が大きい時期って政治家の一挙手一投足にも重箱の隅をつつくように怒ってる人がいたりするけど、今まであまりにも平和だったから、政治に無関心で他人任せ・政治家任せだった国民の責任でもあったということに皆が気づきだしているいい機会だと思う。政治にも思いっきり自浄作用が働いているから、その今まで見えにくかったグジュグジュの膿や悪いものが隠し通せず表に見えはじめただけのこと。国民がここまで気づいただけでこれからかなり良くなると思う。

それと、やらなくていいことや必要のなかった無駄もどんどん省かれていった。例年怨念渦巻いていたPTAなんかも色々消滅&息も絶え絶えw あと、運動会もお昼ごはん作ったりとか面倒だなーと思っていたし親たちからもその意見があがっていたのになかなか変わらなかった学校も、あっという間に「短時間・そして午前のみの開催」とかに短縮された。他にもいろいろある。旧体制の“長いものに巻かれて変化を拒む系”の体質のものや「ただ意味もなく有った・続いてた」という形骸化していた物事を、考えるエネルギー・やめるエネルギー・変えていくエネルギーが日本人は使うのがめっぽう弱いけど、そうやって思考停止で全く考えられていなかったことなんかも、改めてよく考えられるきっかけになったと思う。

ある意味すべて、「本質」と向き合うようになった。
めっちゃいい時代来てるー!!って私は思う。
ちょっと前では考えられなかったぐらいの変化の波。
結局これからもぐんぐん変化して(変化せざるを得なくて)良くなると思う。
多くの人が自分の人生を向き合うこととなり、本当の労働とか住まいとかお金とか幸せとか健康ってなに?って生きることの原点を皆が思い返すいいきっかけになっていると思う。自粛だって、色んなことと向き合ういい機会。特に家のこととか家族のこととか自分の内面とか、内側に向き合えてすごく良い。

あと身内のことだけど、こんなご時世に私の母が末期癌になってしまったけど、コロナでなく普通の風邪でもうつってこじらして肺炎になると死にます。って医者に言われているから、むしろコロナのおかげで他の感染症全般が下火になったことが救いだなって思ってた。これは体感としてもある。

※データは下記

引用元:年間死亡数11年ぶり減 コロナ対策で感染症激減 日経新聞

コロナのおかげで、コロナ以外の肺炎なんかが最も減り、1万2千人も激減なんだそうで…。インフルも減。
これまで無知で全然知らなかったけど、感染症などの肺炎で亡くなる人は例年だと約10万人いて、これ+癌でこじらすパターンなども含めると肺炎関連だけでも約20万人ぐらいが亡くなっていたんだそう…肺炎関連だけで1日換算5~600人亡くなってるレベル?他の死因も同様に多々。蓋をあけてみればいろんな死因でものすごい沢山の人が毎日亡くなっているわけだけど、そういった方たちがコロナのおかげで実は減っている…?これ1~9月までの中途なデータなのでその後もふくめると恐らくもっとかなと。超過死亡という単語はいずこへ…。はてはて。

そもそもふと思ったけど、もっとブワーとすぐ広まって自分も身の回りの人も罹ると思ってたコロナも、ざっくり概算で計算したら日本人口の約99.995%の人がまだコロナに罹っていない計算なのでは…?と今の陽性者数と日本人口を調べて今電卓叩いて思った。まあこれって身の回りの体感や観測範囲とも合致する。濃厚接触者や陽性者になった人はたまに居てもその辺にザラに発症経験のある人がいない。一方インフルなんかだと、かなり流行する年は3000万人も発症するため、国民の4人に1人がぶっ倒れていた状態だったから、それは自分の観測範囲とも一致している。

つまり実際のところは1年経ってもこの亀の歩みのような遅々としたペースだから、なおさら体調/障害的にほぼ家から出ない・密の場所へも全く出かけない生活している両親がすぐにコロナに罹る危険性は、確率的には極めて低い(あくまで数字上はね)。ただの風邪でも命とりになる母にとっては、コロナも風邪もインフルもすべて同列のリスクだけど、そのどれも遅々としてるか下火かで例年よりリスクが全体的に低めなのでは…?って気づいて、いまって実はラッキーな状況到来中だなと私は思ってた。もちろん、ゼロリスクではないけど。

パンデミックのおかげで、良いところや助かったーーとか楽になったーー的なことが私は多い🌸
どう捉えるかだよね~

最近の私は、建設的な思考や行動がどれだけできるかのほうが大事になっていて、時間やエネルギーを不安や恐怖や悲観などのネガティブに費やすのが馬鹿らしくなってきている。😂

そのため、せっせと日々幅広い勉強をして自分の知識レベルをあげることで自分で情報を取捨選択・判断・精査することにしているし、テレビやニュースやSNSを見るのをほぼやめてしまいデジタル・デトックスをし、嘘かまことかプロパガンダか陰謀論かが一生判別がつかないような上澄みの情報に右往左往させられてる大衆情報からは離れ、群集心理からも自分もぽんと抜け出て、自分だけの世界をド級のマイペースに生きはじめた。

これがかなり、雲が晴れたかのようにストレスもなくなっていって、めちゃくちゃ平穏な生活だし、何気ない毎日が「コロナ禍でも混乱なくスーパーに食材がこんな豊富にあって助かるわ~」とか「健康な身があってありがたい~」とか「子供の成長が眩いわ~」とかの色々ありがてえ~🙏で溢れる世界観になるし、自分の良いこと・好きなことにフォーカスできて、圧倒的に生産性があがって日々が充実しだした。

周りや世の中がどうであろうと、人がなんと言おうと、すべてのことに対して「自分が良いと思えば良い」「自分が幸せと思えば幸せ」「自分が危険と思ったら危険」「自分が楽しいと思ったら楽しい」って感じで自分を主語&軸にし、外に正解を求めず、外に考え・意見を合わせなくなっただけで、一気に楽になるし幸福度が高まるんだなぁ~👀って新発見。

精神的にも物理的にも密にならないぼっちスタイルの、大衆や群衆に迎合しない、内向的な変人が楽に生きられる時代が到来したよー\(^o^)/笑


 
そんなわけで、はぁ~GW楽しかった~(いまだ名残惜しい)

家族みんなダラダラ、ゲームしたりYoutube見てただけだけど、そのダラダラがほしかったから。
家族で庭で焼き肉したり、真ん中の子の誕生日パーティしたり、すごく充実していた☺

トータルで計30年もの私の育児期間が真ん中に近づいているけど、走りに走った子育て前半期に比べ、後半期の今はとことんスローダウンを心がけているため、たまに訪れるダラダラウェーブを至福の時としてとことん満喫している私❤

まだそのダラダラが抜け出せないのが今最大の悩み。。。。
目を覚ませ、GWは終わったんだ…!!(グーグーグー)

🐦💭 更新通知はTwitter:@hanawaにてお知らせ中